きのこ

アガリクスで健康な体をGET【サプリで作る健康毎日】

男女の更年期障害

飲用

知られていなかった男性の更年期障害

日本女性の平均閉経年齢は50歳です。 この前後10年間を更年期といい、心身の不調が起こりやすく、それらの症状をまとめて更年期障害と呼んでいます。 女性の更年期障害が起こる原因は、閉経に伴い女性ホルモンのエストロゲンが減少し、それにより自律神経が乱れるためとされています。 このように女性の更年期障害は古くから研究され、現在はその原因や症状について広く知られています。 しかし、同年代の男性も女性同様心身の不調が起こりやすく、これは男性の更年期障害では、と一部では囁かれていましたが、その後もあまり研究されず世間にも広く知られることはなかったのです。 しかし、近年ようやく男性にも女性同様更年期障害があることが明らかになってきたのです。 男性の更年期障害の原因は、男性ホルモンのテストステロンの分泌が減少することで起こります。 テストステロンは性ホルモンとして知られていますが、それ以外に自律神経をつかさどることでも知られ、これが減ることで神経の調整がうまくいかなくなり様々な症状が起こることが最近になってようやく判明したのです。 こうして原因が判明したことで、症状に悩む男性の治療に光明が差してきたといえます。原因などが分かればサプリメントなどで対処できる可能性もあるので、サプリメントなどを試してみるのも良いでしょう。

治療方法と注意するべきこと

男性の更年期障害が疑われる場合、どこの病院にかかればよいのか分かりにくいと言われています。 女性の場合は婦人科や更年期外来などがあり、相談しやすい環境ですが、男性の場合はまだ認知されたばかりとあって、特定の受診科が非常に少ないのです。 そこで、ほとんどの人は症状ごとに受診するのが一般的となっています。 たとえば、イライラや鬱といった心の症状には心療内科、テストステロンは性ホルモンでもあることから減少によって勃起不全を訴える人が多く、そうした方には泌尿器科が勧められます。 なお、更年期障害の治療には、男性ホルモン補充療法やED治療薬、漢方などがあげられます。 このうちホルモン補充療法は非常に効果的ですが、重度の前立腺肥大や前立腺がんの方は使用できないとされているため、これらが疑われる人は注意が必要です。 漢方は比較的副作用が少なく有効性も高いとされていますが、症状や体質によって処方される薬剤が違うので、自分の体質を見極めてからサプリメントなどの改善方法を試してみましょう。健康補助食品であるサプリメントは漢方薬と同じように気軽に利用する事が出来るので、食事の後などに摂取すると良いでしょう。